【目からウロコ】看護師と介護士のお仕事を比較して紹介します!

こんにちは、現役の訪問看護師やってます、アマリカです。

看護師と介護士って1文字違いで紛らわしいよね

アマリカさんはどっちだっけ?


こんな風に言われることが多いんです。
私達の業界では看護師と介護士は違うものという認識ですが、世の中そうじゃないんですよね。

介護で悩んだときや、悩む内容によって相談する人も変わってきますし、少しでも正しく私達のお仕事を知ってもらえたらうれしいです!

看護師と介護士の資格のち外などを紹介します!

もくじ

そもそも看護師・介護士とは

まずは看護師と介護士とはなにかということを紹介します。

看護師とは

厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。

引用:厚生労働省 保健師助産師看護師法 第5条より一部抜粋

保健師助産師看護師法という法律で、看護師は定義されています。
ちなみのここでの『看護師』とは正看護師のことを指します。
他にも『准看護師』も別の項で定義されていますよ。

病気や怪我をした人や赤ちゃんを産んですぐの女性の、生活のお手伝いをしたり、医者が診察するときの補助をする人のことを看護師とされています。

難しい言葉を使っていたり、堅苦しくてわかりにくいですよね。
じょく婦というのは、赤ちゃんを出産してすぐの女性のことをいいます。

私は3年間の看護専門学校を卒業し、国家試験になんとか合格できたので、現在正看護師として働いています。

現役で合格できる確率は、10年前は98%だったので、かなり高いですよね。

介護士とは

介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと

引用:公益社団法人 日本介護福祉士会 社会福祉士及び介護福祉士法より一部抜粋

こちらも難しい言葉で定義されていますね。

介護士は体や心に問題があって、生活が十分にできない人のお手伝いをして、その家族の相談に乗ることが主なお仕事です。

日常生活とは、普段あなたが意識もしないようなことも、体や心に障害があるとできなくなってしまうものです。

看護師と介護士の資格の違い

それぞれ資格には数種類ありますので、少しだけ紹介します。

看護師の資格

看護師には正看護師、准看護師があります。

正看護師になるためには

・3年制の短大の看護学科
・3年制の専門学校
・4年制の大学

上記を卒業し、まずは国家試験を受験する資格をもらわなければなりません。

准看護師になるためには

・2年制の准看護師養成学校

准看護師養成学校は『全日制』『半日制』があります。
働きながら看護師の資格をとったりすることも可能です。
上記を卒業し、各都道府県で行われている准看護師試験を受験します。

看護師の他の資格

看護師には、他にも色々な種類の資格があります。

・認定看護師
・専門看護師
・認定看護管理者
・保健師
・助産師
・看護学校教員

スキルアップをしようと思うとどこまでも突き詰めることができますね。

私の同期でも、看護学校卒業後そのまま助産師の学校に進学する人が何人かいましたよ。

介護士の資格

介護福祉士があります。

これは国家資格で、試験を受験するためには次の2つの条件を満たす必要があります。

・実務経験3年以上であること
・実務者研修を終了していること

看護師と介護士の視点の違い

看護師は病気や治療などの医療面を重視したアプローチを主に行っています。

介護士は生活の自立度や趣味など、主に生活の豊かさを重視したアプローチをしています。

補足情報

日常生活って具体的にどんなこと?

そもそも日常生活ってどんなことをいうの?

ごはん食べる、とか?
改めて聞かれるとどんなことかってよくわからないかも

日常生活動作は、例えば下記のようなものです。

ごはんを食べる
トイレに行く
パンツの上げ下げをする
お風呂にはいる
体や髪を洗う服を脱ぐ、着る
歩く
段差を登る、降りる
座る、立ち上がる
横になる
寝返りをする
起き上がる

日常生活というのは、私達が普段生活するための
すべての動きのことです

私達は普段意識しませんが、たくさんの複雑な動きを組み合わせて生活を送っています。

赤ちゃんが練習してどんどんできるようになったことが、年を重ねたり病気や怪我のためにできなくなってしまうのです。

そのお手伝いをするのが、介護士や看護師のお仕事の一つです。

また、介護をしている家族がより少ない負担で介護を続けられるように指導をすることも大切なお仕事になっています。

まとめ

・正看護師と介護福祉士はどちらも国家資格

・それぞれの試験を受験するためには、まず受験資格をもらわなければいけない

・看護師は生活のお手伝いの他に、医療のお仕事もする

・お仕事の内容が違うので、それぞれアプローチの視点が違う

それぞれが違う役割を持って、患者さん(利用者さん)に関わっています。
協力しあっているからこそ、現場でよりよい看護・介護が行われているのです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアお願いします

この記事を書いた人

コメント

コメントする

もくじ
閉じる